MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 ports) を買いました

6年ぶりに Macintosh のコンピュータを買いました。

今回なぜ MacBook の購入に至ったかというと、CPU が第10世代の Intel Core i5 を搭載したモデルが出たからです。昨年発売した2019年モデルの MacBook Pro が第8世代の Core i5 であったので、プロセッサのアップデートが大幅になされました。デスクトップ向けの第10世代の Core シリーズは5月20日に発売されたところなので、本当に最新のプロセッサということになります(ちなみにこの MacBook Pro は5月4日に発売されました)。

スペックなど

モデル MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 ports)
MWP52J/A
画面 13.3 inch 光沢IPS液晶, 2560 × 1600,
DCI-P3準拠Retinaディスプレイ(227ppi), LEDバックライト, True Toneテクノロジー
発売日 2020年5月4日
CPU 第10世代 2.0GHzクアッドコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)、6MB共有L3キャッシュ
メモリ 16GB 3,733MHz LPDDR4Xオンボードメモリ
ROM 1TB SSD
GPU 第11世代Intel Iris Plus Graphics
入出力端子 Thunderbolt 3 (USB Type-C) ×4、ヘッドホンミニジャック
無線 IEEE 802.11ac Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続、IEEE 802.11 a/b/g/nに対応 Bluetooth 5.0
電池 58.0Whリチウムポリマーバッテリー
重量 1.40 kg
サイズ 30.41 × 21.24 × 1.56 cm

このようなスペックです。第10世代の Core i5 は嬉しいんですけど、昨年定義されたWi-Fi 6 (IEEE 802.11ax) に対応していない点が玉に瑕です。まあ今の IEEE 802.11 ac でも十分速いんで良いですけれども。

以前 MacBookAir 購入した際、私は高校生であったため Apple の学割(学生・教職員ストア)を利用することは出来たものの学生・教職員ストアの存在を知らなかったので価格.comで探したものを購入しましたが、今回は Apple の学割を使用して購入しました。価格は197,800円 (税込) でした。学割無しでは税込で229,680円ですので、3万円以上安くなっています。学生最高!!

最近の Apple 製品でよくある角からペリペリめくっていくタイプです。

いきなり本体が出てきます。

内容物は本体、USB Type-C の充電器とケーブルのみでした。以前は充電器のコンセントを延長するケーブルがあったのですが、現在は別売りにされてしまっています

画面をあけるといきなり電源が付くのでびっくりしました。

20200621014121

20200621014151

20200621014212

初期バージョンは Mac OS Catalina 10.15.4 でした。

即アップデート…

20200621014204

保護フィルムを貼って、完成です。

保護フィルムは ヨドバシ.com で買ったフィルム「サンワサプライ SANWA SUPPLY
LCD-MBR13FT」を使用しました。Touch Bar の保護フィルム付きなのですが、なぜか妙にサイズが大きかったので右端を切って使用しています。

今度使用したレビューを追記したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください