パソコンのキーボードを洗浄してみた

パソコン用のキーボードを洗浄してみました。

20191114115358

僕が使用しているキーボードは父親がLenovoのデスクトップPCを買ったときに余っていたものをもらったもので、ゲーミング用とか茶軸とかそういうこだわったものではない、普通のメンブレンのキーボードです。

パンタグラフ式とかだと解体清掃が出来なくはないようですが、かなり厄介そうです。

解体する前に、忘れずにキーボードの写真を撮っておいてください。復元作業する際に役立ちます。

20191114115100

清掃前のキーボード。2018年の1月から使用を開始して一度も清掃していないため、かなり汚れています。

20191114115045

まず、背面のネジを取って背面パネルを外します。他のキーボードだとツメで背面パネルがくっついているものもあるようです。

20191114115115

マイナスドライバーで、てこの原理を用いて剥がしていきます。

20191114115205

僕のキーボードだと左のShiftキー、Spaceキー、Enterキー、テンキーの+キー、テンキーのEnterキーには上の画像ような金具が着いているため、金具のわっかの切れているところからマイナスドライバーを差し込んで外していきます(どの向きにわっかがあるかは、外すまではわからないかも…)

20191114115128

まあこうやってツメが割れてしまったヤツも残念ながら数個ありました。

20191114115141

洗面器で外したキーを回収していきます。

20191114115154

食器用洗剤とブラシで一つ一つ洗浄していきます。数が結構あるので根気が必要です。

20191114121155

全部洗い終わって、外で干します。風で飛ばないように折り畳みコンテナの中にタオルを敷いて乾燥させました。

20191114115231

復元作業です。上からはめ込むだけですが、この際もツメが割れてしまったものもいました。おそらく解体時に折れかけていたものが折れたものだと思います。

20191114115244

矢印キーはキーの傾きで判断します。上が短く、下側が長い向きが正しいです。

20191114115358

完全に復元出来ました。使用してみるとかなり操作時の感触が新品のようにサクサク音が鳴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください